日々を生きる

日々の暮らしを綴りつつ、備蓄や防災、将来ほかさまざまな備えについても。品選びの視点はオーガニック&無添加、安全・安心。

日々を生きる イメージ画像

道具で備える

先日の続き。お米の備蓄がある程度できたところでふと思ったのですがお米を炊く道具は複数あったほうがよくないか?ということです。天災の多い我が国ですから、電気やガスが急に使えなくなるということも大いにあり得るわけです。で、ほとんどのご家庭ではカセットガスとコ
『ごはんを炊飯ジャー以外のコレで炊いてみた!』の画像

今日は購入した玄米の一部を冷蔵庫に保管するために袋詰め替え作業をしました。一昨年、玄米を紙の米袋のまま貯蔵していたら一年後には結構ボソボソしてしまったのです。やはり水分調整が難しいものです。そこで単なるビニール袋に入れようかなと思ったのですがちょうど大豆
『少しでも長く米を備蓄するための工夫』の画像

ここ数日、あまり触れたくないようなニュースが飛び交っています。汚 い 爆 弾。使いっこないよ、誰が考えても、メリットなど何もない10人いれば10人がそう考えているのに、なぜか事は進んでいる。海の果ての話、などと高をくくっていては甘い。物質は北風に乗って、海洋

電気もガスも高くなってまいりました。請求書の額を見るたびにトホホです。いまは政府がなんとか補助してくれていますがこれが半年、一年と続くわけではないでしょう。他国を見れば、眼玉が飛び出るような高騰ぶり。特にヨーロッパ各国は、軒並みひどい。月々の光熱費が10万

先日掲載した、電気代・ガス代を極力節約できるお鍋・シャトルシェフ。かなりヘビロテするようになりました。↓楽天THERMOS 真空保温調理器シャトルシェフ ROPー001(サーモスアウトドア 魔法びん構造 持ち運び アウトドア キャンプ ピクニック ハイキング 遠足 レ
『電気・ガス代を極力節約する鍋がなんて優秀!』の画像

先日掲載したなかなか手に入らなくなって欠品中になっていた柿渋ハッスイ米袋が、本日10月1日にamazonで再販されるというお知らせがありました。販売スタート時刻は未定です。柿渋ハッスイ米袋とは常温で約3年間は米を保存できるという画期的な保存袋です。農林水産

先日、鍋をひとつ買い足しました。サーモスのシャトルシェフです。↓買ったのはこのタイプ。これから先、燃料が爆上がりし続けることを考えると煮たりゆでたりする際の燃料消費をかなり減らせるこの鍋は必須ではないかと考えたのです。さらに計画停電、災害時でもなんとかあ
『省エネ鍋はこれから必須』の画像

台所のスポンジ・ボヘミアンに終わりを告げたのは、このスポンジとの出合いでした。ダスキンのスポンジ。とても水切れが良く、泡立ちも抜群。そしてとにかく持ちがいい!他の人のブログやレビューを見ても、だいたい市販のスポンジの3倍くらいはラクに使えるという意見が多
『台所のスポンジはやっぱりこれ。吊り下げて清潔に』の画像

9月1日は防災の日ですね。そこで、いつも持ち歩いている「防災ポーチ」の中身の点検です。時々出しては、使用期限なども含めて点検し、さらに時代に照らし合わせて新陳代謝を図ります。入っているものは、左上から時計回りに​・ティッシュ、ハンカチ・使い古した手ぬぐい
『防災の日を前に防災ポーチを点検』の画像

主人がいつも加齢臭対策(笑)に使っているブルガリのオードトワレ。​そろそろストックを買い足しておこうかなと、楽天市場のショップを覗いてびっくり仰天。​なんと、ケタが違っていた。​購入履歴を見ると、同じ商品が2018年 3720円2019年 4880円2020年 5960円2021年3
『オードトワレ爆値上がり、今冬に寝袋備える』の画像

↑このページのトップヘ