ランキング
に参加しています。
ぽちっとしていただけると励みになります。
  
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村



あけましておめでとうございます。
拙いブログですが、今年もどうぞよろしくお願いいたします。

今年もみなさんのお役に立てるようなお話を
できるだけ載せていくぞ!と思いを新たにしていた
そんな矢先、

楽天市場で

​​スペイン産オリーブオイルフェアが開催​されているのを発見。

私も偶然、ページの片隅にふっと出てきたバナーで知ったのですが
対象商品1000円以上購入すると500円引き
という、すばらしき企画なのですよ!
オイル値上げの折、うれしい~


でね、対象商品を見てみたら、
かなり高品質のものも入っているのです!
これはうれしい!


以前からオリーブオイル好きで

美味しいといわれるものはいろいろ試すのも好きで
図書館でもオリーブオイルの本を読みまくっておりました。

↓こういう本ね
  ​


実は「オリーブオイル」とひとことで言っても
ピンからキリまで、行って帰ってくるほど違いがあるのをご存じでしょうか。

これが美味しさとか、香りとか、そういった類なら
それは個人の好みですから問題ないのですが
​​健康を左右するような差なので​
非常に注意が必要なものなのです。


ここで驚くべきお話を。
日本で売られているオリーブオイルを分析すると
約7割強が
ニセモノであると判定されたそうです。
(安売スーパーにいたっては99%という話も)

また、
生産国の輸出量と、消費国での販売数が明らかに違うという話。
10しか生産していないのに、なぜか20も30も売っているというナゾ。
そう、どこかで違うものが混ざったりしていないと、
こういうことにはなりません。




単純にオリーブオイルはどうやって作るかというと
オリーブの実を圧搾して搾り取ったジュースがオリーブ油になります。
みなさんもこのように作っていると想像していますでしょ?

しかし、この単純なことをまともに守っている生産者は
実はごくわずかなのです。 えーっ、うそー!でしょ?


まず、オリーブがどこで作られていたものか判別できるものが非常に少ない。
例えば「イタリア産オリーブオイル」と聞けば、
イタリアの丘で育ったオリーブの実をそのまま絞ってヘルシー♪と思いがちですが、
残念ながらそういうものはごくわずかです。
最終加工地がイタリアなら「イタリア産オリーブオイル」とうたえるのが実状。

他国で作った実をイタリアに運んで加工し、輸出する。
100円前後で売っているイタリアのトマト缶もこの手法です。中身はネズミ(チュー)国産。


また、大量生産のオリーブには大量の農薬が使われ
さらにどっさりと収穫して、そのまま時間を置きつつ加工されますから
腐敗するわ、カビは生えるわ。
でもおかまいなし。一緒くたに絞って精製すれば分からないからです。
これはコーヒー豆やカカオ豆でも同じ。


次に絞り方。
売る側から考えれば、オイルの量を増やすために
できる限り搾り取りたいところです。
実はここにもブラックボックスが。
化学薬品を駆使することによって、
さらにカスから搾り取れるのです。


一年通して手をかけて育てられた小さな実。
その一粒からはほんの少ししか取れないオイル。
それが1びん数百円で買えるはずがないのです。
買えるにはウラがあると考えた方が賢明です。


生産者も加工者の顔も見えず、
生産過程を隠しているような食品を体に入れ続けていれば
いずれはどうなるか。
想像する必要があるかも知れません。



YouTubeでも多くの方がオリーブオイルの闇について解説していますので
興味がある方は「オリーブオイル 闇」で検索してみてください。
震撼しますが、知っておいて損はありません。




​では、どんなオリーブオイルがよいのか。​
すごく単純明快です。

​​・だれがどのように育てた実なのか
 =生産者の顔が見える
​​

​ できればシングルエステート​​(単一農園が栽培から収穫、圧搾まですべてを手掛けること)​


​・どのように絞って瓶詰したかが分かる​​
 単純にオリーブを圧搾しただけのものを私は選びます。
​ 「コールドプレス(高温処理せず、オイルの成分や品質を落とさずに低温でゆっくりと搾ること)」という言葉がキーワード。​


​・酸度の低いもの​​
 酸味を示す数値ではありません。
 酸度=酸化度合い=品質です。
 難しいことは置いておいて、
 「酸度が低いものほど高品質で、酸化劣化しづらい」と覚えておくと選びやすいです。

​ エキストラバージンオリーブオイルなら、酸度0.8%以下が目安​


この3点を押さえると、だいたい間違いなく、
オリーブが本来持ち合わせる性質や効果を十分にいただける
よいオイルと思っていいと思います。

 


で、今回のオリーブオイル・フェア対象商品の中から
これはいいぞ!と私が選んだのは
これ。




スペインのメルガレホ家で作られる
シングルエステート(単一農園が栽培&収穫&圧搾)&コールドプレス(高温処理しない圧搾絞り)。
酸度0.2%以下という超高レベル。​


ここの農園のオイルはすべてかなりのハイレベル。
上記の本にもおすすめの一品に掲載されていますが
その中でもこのアルベッキーナは
お値段もバカ高くないし
フルーティで比較的誰にも受け入れられるマイルドさ。




もうちょっと高品質のものを選ぶならこれ。
​酸度はなんと0.1%!驚きの高品質。​



お料理使いに定評があるのはこれ。
経済評論家の勝間和代さんもよく推していらっしゃいますよね。
私も時々使っていますが、クセがなくて使いやすいです。



やっぱりね、何がいいかっていうと
オリーブオイル一本でも
きちんと正直に作っている農家さんの顔が見える食卓って
うれしくなる。
よき人のよき心と地道な努力のおかげで生きられるんだなあと
今日も感謝なのです。






このキャンペーン(リンク)​は
2023年1月18日まで。
クーポンがなくなった時点で終了です。
864枚のクーポンのうち、
1月1日現在、残り391枚。
↑のリンクに対象商品一覧があります。


ちなみに、こだわりのスーパーで
このような高品質オイルを購入される際には
光をできるだけ浴びていない瓶を選ぶこと。
とてもデリケートで、わずかな光でオイルは酸化していきます。
なので
保存するにも、光が当たらないところに置くといいですよ。



ランキング
なんと!本日5位になりました!
ありがとう!みなさんのおかげです。
ぽちっとしていただけると励みになります。
  
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村


******************************************

よかったらフォローしてくれるとうれしいです。

   日々を生きる - にほんブログ村

参加始めました。ご協力いただける方、お忙しくなかったらクリックよろしくお願いします(^-^)/
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


50歳代ランキング

​​

このサイトでは、アフィリエイトを利用しています。
商品リンクをあなたがクリックしてリンク先で購入して下さると
企業から私のところへ数パーセントの紹介料が入る仕組み。
あなたには一切の負担はありません。

Amazonのアソシエイトとして、ブログ主・小梅は、適格販売により収入を得ています。

苦手な方は、キーワードをここからピックアップして、他で検索して探してみてくださいね!
もし「この記事なかなかいいじゃん」と、投げ銭感覚で協力して下さる方は、
商品リンクをクリックして、販売サイトへお進みください。
よろしくお願いします(^-^)/ 
**************************************