備蓄品を選ぶ際のポイントは
常用性や保存性など多々ありますが、
中でも重視しているのが
栄養素です。​


人はさまざまな栄養素を食物からいただかなくては
いのちを健やかに長らえることが難しい動物です。

いまの世の中はある意味、食べ放題、飲み放題ですから
さまざまな食物を口にすることによって
ある程度のバランスを維持できています。

しかし、食糧が極端に不足してくると
わずかな食事の中からそのバランスを取っていかねばなりません。

備蓄するにも、予算やスペースに限りがあります
なので、​選び取る品の栄養的価値が非常に大切になる​
私はそう考えています。

住まいに1立方メートルのスペースがあったとして
その中にどれだけ栄養価の高い食物を備蓄できるか
結構大切なことだと思います。

カロリーベースで備蓄をする考え方もありますが
ビタミンやミネラルといった幅広い栄養的観点からも
備蓄を考えるのも大事だと思うのです。

なら、カロリーメイトでも買っておけばいいじゃん
そういう話でもなさそうです。
カロリーメイトも優れた食品ですが
毎日毎食・・・、想像しただけでも難しいですね。

でも、お米ならどうでしょう。
やはり日本人は「お米の国の人」。
人生最後の晩餐にはぴかぴかの炊き立てごはんが食べたい
というくらい、お米は私たちの礎の食です。

では、お米を備蓄するなら白米?玄米?
私は玄米を選びます。


白米をアムロ・レイに例えるなら、
玄米はアムロ・レイが乗ったガンダム。 ←例えが昭和
最強です。
ガンダム(ヌカの部分)には、
ビタミンB群やE、葉酸、カリウム、マグネシウム、マンガン、亜鉛、セレンなど
ありとあらゆる栄養素や食物繊維が含まれています。
アムロ・レイは、ガンダムと一緒だからこそ強いのだ。よくわからんけど


参考資料
玄米と白米の比較


このリンク先の一日の必要栄養素表を見ると
玄米+たんぱく質要素一品+小松菜のおひたしでも加えれば
なんとか事足りるのでは?
というほどの網羅ぶりです。

お米ってありがたいですね。

ちなみに江戸時代、従来の玄米食から白米食が広がり、
まん延したのがビタミン不足による脚気(かっけ)でした。


また、玄米は長期保存という観点からも優れています。

外皮(ヌカ)に覆われているため、
白米の部分は酸素と直接触れないので酸化しにくいのです。


農家の方は、白米では貯蔵しません。
玄米またはもみ殻付きのまま低温で長期保存します。


まとめ
●玄米は一品でさまざまな必須栄養素を摂取できる

●玄米は白米に比べて長期保存に適している



ただし一方で、玄米を炊くには吸水時間を12時間以上要するなど
時と場合によっては炊くことが難しい場合もありますから
やはり白米での備蓄もある程度必要だと感じています。
大震災級の災害があったら、
燃料が限られていたら
すぐに炊ける白米のほうに軍配が上がりますよね。
そのへんのバランス感覚は大切ですね。



そうそう、先日「やわらか玄米」という
白米と同様に炊ける玄米を試しに買ってみたのですが
これ、手間がかからず、すっごく美味しかったのです。

玄米のいちばん外の部分にある果皮(ヌカを覆う油層)を
取り除いただけなのだそうですが

普通に白米のように炊いたら
玄米嫌いの主人が
「これなら食べられる!もちもちして美味しい!」と
おかわりしてました(それはそれで困る)






これから米の備蓄するなら
何割かは玄米を。
酸素をなるべく遮断する真空パックを。
できることなら、農薬や化学肥料を極力控えたものを。







玄米を備蓄する上でペアで持っておきたいのが精米機。
何度も精米所に行くわけにもいきませんし、行けなくなる時だってある。
好みの分づき度合いが選べ、ヌカは漬物やふりかけ、肥料などに使えます。
都度精米すると、本当に美味しいごはんになります。





******************************************
このサイトでは、アフィリエイトを利用しています。
商品リンクをあなたがクリックしてリンク先で購入して下さると
企業から私のところへ数パーセントの紹介料が入る仕組み。
あなたには一切の負担はありません。

Amazonのアソシエイトとして、ブログ主・小梅は、適格販売により収入を得ています。

苦手な方は、キーワードをここからピックアップして、他で検索して探してみてくださいね!
もし「この記事なかなかいいじゃん」と、投げ銭感覚で協力して下さる方は、
商品リンクをクリックして、販売サイトへお進みください。
よろしくお願いします(^-^)/ 

参加始めました。ご協力いただける方、お忙しくなかったらよろしくお願いします(^-^)/

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


50歳代ランキング

​​
**************************************