数年前から、三菱のアウトランダーという車に乗っています。
ガソリンと電気、どちらでも車が動かせて、車内では家電も普通に使える、そんな便利な車です。
家庭と同じコンセントが付いていて、
1000wのドライヤーやホットプレートも使えます。
アウトドアを気軽に楽しみたいと思い、主人の希望もあって選びました。

近年、急速に電気自動車の話題が増えてきましたね。
私たちが購入した当時は、まだまだ話題にも上らない感じだったのですが、
今やあちこちで見かけるようになりました。


このような車に乗っていると、
充電スタンドでほかのユーザーさんと出会い、情報を交換することが多いのですが
EVのオーナーさんがよくぼやかれているのが
「電気だけの駆動なので、いつもスタンドを探し回っている」ということです。
近所に買い物、などの利用なら便利なのですが、
遠出をするとなると、次の充電スタンドを常に探して移動しているのだそうです。
実際、日本にはまだまだ充電スタンドは多くはありません。
山中などはほとんど見かけませんし、市街地でも結構場所が偏っていたり、
あっても故障していることが実に多いのです。

さらに、たどり着いた先が急速充電器なら30分で80%ほどの充電ができますが、
普通充電器しかない時には泣きたくなるものです。
なぜなら、充電に数時間はかかってしまうのです。
先客がいた場合も、順番待ち。
一カ所に1つがほとんどなので、先客に遭遇することは結構多いです。
その車が充電を始めたばかりなら、さらに倍の時間がかかるわけです。
旅の途中で数時間のロスは厳しいですね。

十年ほど前、国の補助金を使って導入した急速充電器が
道の駅や市町村役場などに設置されているのですが、
だいたいこの手のものがここ数年で使い物にならなくなっています。
一度故障すると修理されることなく、放置されているのを一体どのくらい見たことか(笑)。

アウトランダーの場合、ガソリンも積んでいるので、
充電スタンドに多少はナーバスにならなくて済みます。
この車であちこち遠出したり、車中泊で長い旅に出たりしますが、
充電ポイントがなければないなりに、ガソリンでなんとかなるので
いまのところ不自由なく使えています。


ガソリンが高騰する昨今、これから一気に電気自動車へシフトが進み、
今後は充電スタンドも増えてくることでしょう。
しかし今は過渡期。
もし今すぐにEV車をお考えなら、そして遠出にも利用したいという方なら、
そのような点も参考にされるとよいかも知れません。